イソフラボンのサプリメント

更年期障害の症状を改善してくれる

イソフラボンのサプリメントは女性、特に更年期障害に悩まされている人から、症状が緩和できると人気です。それにはきちんとした理由があったのです。イソフラボンとは主に大豆の麦芽に含まれるフラボノイドの一種、ダイゼイン、ゲニステイン、グリシテインなどの総称です。イソフラボンには更年期障害の緩和だけでなく、骨粗鬆症の予防や心筋梗塞などの循環器系の疾患の予防にも効果があるとされています。

大豆はおもにアジア地域で古くから親しまれている食品なので、食品やサプリメントから適量摂取することへの安全性は非常に高い成分なのです。食品安全委員会では一日あたりの大豆イソフラボンの摂取量上限量は70から75mg、サプリメントなら30mgの摂取が望ましいとしています。イソフラボンが更年期障害に効果があるのは、その科学的構造が女性ホルモンのエストロゲンによく似ているからなのです。

そのため、イソフラボンがエストロゲンの受容体に結合し、その作用は1000分の1と非常に弱いながらも女性ホルモンに似た働きをするのです。エストロゲンが不足して起こる症状が更年期障害です。そこで、イソフラボンを食品やサプリメントなどを効果的に摂取することで、更年期障害の症状を抑えようと補助的に働いてくれるのです。

なた、女性ホルモンは悪玉コレステロールを減らし、血流をよくし血圧を下げる働きがあるので、イソフラボンでもこういった同様の効果が期待できるのです。現在、多くの企業から様々なイソフラボンのサプリメントが販売されていますが、実際の効果はどうなのでしょうか。大手DHCから販売されている、その名も大豆イソフラボンというサプリメントがあります。

こちらの利用者の口コミには、閉経したはずなのに生理が再開したとか、イライラやめまいなどの症状が治ったとか、女性らしいプロポーションを保てているなど、その効果を裏付けるものばかりです。更年期障害でお悩みの方は一度、こういったサプリメントを試してみるのもいいかもしれません。